So-net無料ブログ作成

ちょっとだけ、箱あけました [火宅のお話]

今日、何気なくカレンダーを見て。

「あれ……今日は、母の祥月命日だったのか……」と、思ったのは。
9時に起きて、まったりお風呂にはいって、その後のこと。

七回忌が終わってからは、毎月の最終日曜、家にお寺さんがくる苦痛を回避するために。
お布施を一年分、お盆のころに諸経費を収めるのと一緒に、お願いすることにして。
それから、もう、家では、そういう事柄は、一切なにもしてないので。

だからといって、特に何をするわけでもなく、普通にその後もすごして。
今、もう、午後の6時、ですか……。

そちらは、まぁ、お盆には、骨堂にお参りに行きますから、それで十分でしょうし。

……で~。
今日は、書いちゃいましょうかね……。

……ここ、1年くらいでしょうか……。
ブログをエントリーするにあたって……。

過去からの流れと明らかに、自分の考え方の根本が異なってきていて。
特にそれは、七回忌を終えて、そのあと、自分の幸せを考えていて。
そのことに思い至らざるを得なかったのですけど……つまり。

ウチの家庭は、根本的に、酷く私を損なっていた、ということなのです。

んで、その中に、埋もれてしまっていて、その異常さに気が付くことができてなかった。
母が逝ってから、七回忌、丸6年たってから、やっと呪縛が解けだした。
ということ、なのですね。

自分の幸せを、考えていて。

自分は、何をしたいんだろう……。
何をしたら、楽しいんだろう……。

と、考えて、考えて……。

私は、家庭では、自分の真の幸せを考えることを許されず。
与えられた幸せらしきものに支配され、それを考えることなく、是とし。
……いや、本音はあったけど、否を主張すると。
それは、確実に、面倒くさいもめごとに発展するので、自分の心を守るために。

それで、いいんだ。
私は、欲がないから、したいこともないし……と……。

んで、このあたりの軋轢の根本は、母なのです。

ウチは、父親という役割の人は、いませんでしたから……。

……はぁ……。

でも、このあたりのコトを、エントリーすると。
とんでもなく、暗くて、私自身のエネルギーも損なうし、なんともはや。
つまり、ウチは、父のみならず、母も毒親だった、ということですね。

今年になってから、ネットで読んだ。
二十歳すぎたら、成育歴のせいにするな、と。
大人になったら、過去にとらわれずに、自分で人生を切り開いていくべき。
と、いう内容の文章に触れたとき。

それも、そうだなぁと納得するとともに、実際、そもそも。
こうして、くどくど過去の暗黒を書き綴るのも、いかがなものか……とも、思い……。

……でも……ほんとうに。

私は、自分が、何をしたら楽しいのか……。
よくわからないんですよね……正直。

楽しいと思ってしていると、だんだん義務になってきて、つまらなくなったり……。

「家庭」が、人がそこに戻り、くつろぐことができ。
「家にいる」と感じることのできる、安らぎをもった「庇護された空間」であるべきなら。
今、この瞬間の自宅こそ、私の「家庭」であるとは思うのですけど、それにしても。

所詮、この世は、火宅なのか……。

ああ……。
なんか、こういう内容のブログ、他の人が読んでも、つまらないと思うんですよね。

ですが、最後に。

私は、親(特に母親)に、女であることを全否定されて、生きてきました。

……ね~。
暗黒の極みでしょ~。[ちっ(怒った顔)]

なにを、どのように、否定されたのか……。
気が向いたら、エントリーするかもしれないけど……。

それ書いても、今の私の幸せには、つながらない気もするしなぁ。

……なんだか、こうして……。
パンドラの箱を開けかけては、閉じている自分に。
だからといって、あけちまえ、とも、言えない己を、今夜は黙って見守ることにしよう。
nice!(9)  コメント(3) 

nice! 9

コメント 3

なち

娘はどうしても母親に影響されますよね。
私も良い悪いに関わらず、母親の判断基準が自分の基準です。
なるべく娘には、良い母親になりたいけれど、良い母親って何でしょうかね。
大切な人の幸せを共に喜べる自分でありたいです。
by なち (2015-08-02 23:49) 

ちょんまげ侍金四郎

ミィシャさんは真面目すぎるんですよ。
むか~しクラスには一人いた、勉強は凄いできるんだけど近寄りがたい女の子。
でも本質は至って普通の女子なんですよね。
ここはひとつ「あたしはあたしなのだ~」と殻をいつか突き破ってみてください。
(中島みゆきさん風にあえて「あたし」としてみました(笑))


by ちょんまげ侍金四郎 (2015-08-03 11:31) 

ミィシャ

みなさん、niceありがとうございます。

なちさん、ちょんまげ侍金四郎さん、コメントありがとうございます。

お二人とも、こんな真っ黒なエントリーにコメくださって。
><
お優しい言葉、痛み入りますです~!

なちさん。
なちさんなら、御嬢さん目線の幸せを考えつつ、全体を把握できると思うので。^^
きっと、すばらしいお母さんになれる、というか。
もうすでに、なってらっしゃる、と、そう、思います。

ちょんまげ侍金四郎さん。
まじめ……ですか、ね~。(´・ω・`)
面倒くさがりだと思うんですよね、自分では……。
ただ、失敗するのがいやなので、予防線ははりまくりますね、たしかに。

一つ思うのは、若いころに、こうしたネットがあったら。
ウチの家庭が、他とは違っておかしい、とか。
自分が、たんなる普通の性格だ、とか、がわかって。
もうちょっと、楽に生きられたかも、しれないです。
マイペースで、がんばってみます。^^
ありがとうございます。(๑◕‿◕๑)v
by ミィシャ (2015-08-09 19:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。