So-net無料ブログ作成
検索選択
火宅のお話 ブログトップ

新たな生活 [火宅のお話]

9年前の今日、夜7時すぎ。
母は、出稽古にいったお寺の茶室で、お弟子の次男さんとお喋りしつつ、棗にお茶をはりながら。
そのままコトンと棗を置いて、崩れるように倒れて。

それきり、帰らぬ人になりました。

心室細動でした。

続きを読む


nice!(6)  コメント(2) 

ブラックホール出現 [火宅のお話]

こんなカテゴリーを作ったせいなのか否かはともかく、思い出すのも忌まわしい。
連休明けで、ばたばたしていた月曜の午前。

突然、父方の叔父から、電話が入った。

私のブログを最初から読んでいる方など、ほぼいないだろうから、簡単に説明すると。
もともと父方の親戚と母は折り合いがよくなく、年賀状と冠婚葬祭くらいのつきあいで。
しかも、子供レベルの我々はまったくの接触なし、という。
(父親すらも、自分の兄弟なのに、それ以上の接触をもとうとしていなかった)

だから、話すのは、母の一周忌以来ということになる。

続きを読む


nice!(11)  コメント(2) 

ちょっとだけ、箱あけました [火宅のお話]

今日、何気なくカレンダーを見て。

「あれ……今日は、母の祥月命日だったのか……」と、思ったのは。
9時に起きて、まったりお風呂にはいって、その後のこと。

七回忌が終わってからは、毎月の最終日曜、家にお寺さんがくる苦痛を回避するために。
お布施を一年分、お盆のころに諸経費を収めるのと一緒に、お願いすることにして。
それから、もう、家では、そういう事柄は、一切なにもしてないので。

だからといって、特に何をするわけでもなく、普通にその後もすごして。
今、もう、午後の6時、ですか……。

続きを読む


nice!(9)  コメント(3) 
火宅のお話 ブログトップ