So-net無料ブログ作成
母の弔い ブログトップ
前の10件 | -

ガクブル金曜日 [母の弔い]

今、金曜の夜10時をまわりましたけど。
金曜でも、祭日だからお休みで。

んで、昨日からの流れをぱぱぱといきますが。

昨日は、今日の分の患者さんも来たせいか、MAX混み混みで。
昼休みはほぼなし、終業も30分おしで。
車出勤したので、終業後そのままお買いものに行って。

帰宅したら、も~、ぐったりでした。[もうやだ~(悲しい顔)]

続きを読む


nice!(5)  コメント(2) 

ありがとう叔母さん [母の弔い]

つい先ほど、Tちゃんから、叔母さんが急変して5時すぎに逝かれたと。
連絡がありました。

数年前から癌でふせっていて。

それでも、なんとか戦ってがんばっていたのだけど……。

続きを読む


nice!(4)  コメント(3) 

六回目の祥月命日 [母の弔い]

あの日から、今日で丸6年たったのだと思うと。
ホントウに、長かったと思う気持ちと、ここまでやってこれた感謝の念で、いっぱいになります。

今日の薬局も、忙しかったですが。
先日、七回忌を済ませたせいなのか……。

昨年の祥月命日の時とは、違って。
(昨年http://iikagenn.blog.so-net.ne.jp/2012-08-02-1参照)
今日は、普通の一日として、時間が過ぎていこうとしている気がします。

続きを読む


nice!(3)  コメント(2) 

断捨離水曜日 [母の弔い]

今日の薬局は、まぁまぁ。

んで、午後。
昨日用意したお中元を持って、お寺に先日の七回忌のお礼も兼ねてご挨拶へ。

そして、会費や骨堂の維持管理費などお支払いしたあと。
ここのところ、ずっと考えていたことを、お願いいたしましたです。

つまり。

続きを読む


nice!(2)  コメント(4) 

七回忌 [母の弔い]

あの時から、もう六年がたったのだ、と思うと。
正直、長かったという想いと、もう六年なのか……という想いが交錯する。

でも……。

お陰さまで、無事に母の七回忌を済ませることができましたが。

その最中に考えたことは。

続きを読む


nice!(5)  コメント(6) 

あれから6年 [母の弔い]

今、もう日曜の夜9時なので、金曜からの流れをぱぱぱといきます。

金曜の薬局は混み混み。
んで、終業後はいつもの市内の会場で馬鹿馬鹿だったのだけど、なんと。
その日、そこの大ホールでクラシックのコンサートがあったらしく。
駐車場は満員で、たまたまちょっと早めに出かけたからよかったけど。
かな~り、離れた場所に車をとめる羽目に。

んで、会議後、帰宅してから、翌朝のミーティングの資料作りして。
12時頃、就寝……。[眠い(睡眠)]

続きを読む


nice!(3)  コメント(2) 

正直なところ…… [母の弔い]

昨日の薬局は、普通に混み混み。

んで、学薬の検査も朝設置に行き、終業後回収に行って。
それから、一旦帰宅して梱包して発送までして、滞りなく済み。

今日の薬局も、まぁまぁで。
帰宅後は、まったり週末の雑用をしてましたけど。

実は……。
……こんなこと。
……重すぎて、あんまり、ブログに書きたくないんだけど。

続きを読む


nice!(1)  コメント(4) 

予定調和の水曜日 [母の弔い]

今日の薬局は水曜午前にしては、混み混み。

んで、午後から、予定してた用事をたしてきて。
それから、懸案だった七回忌の件のホテルの予約も済ませて。

で~、なんだか、疲れてしまって。

2時間だけ、寝よう……。

と、午後6時に目覚ましをかけて寝たのが、4時頃のこと……。

続きを読む


nice!(5)  コメント(3) 

いまだ胡蝶の夢 [母の弔い]

今朝がた、久しぶりに母の夢をみた。

私は、もともと現実感のある夢を、多くみる人で。
続き物の夢をみたり。
夢でみたことがやがて現実になったり。
そのようなことは、まぁ、枚挙にいとまがないのだが。

相伝の日の早朝、みた夢の中で、私は母に報告をしていた。

続きを読む


nice!(4)  コメント(4) 

五回目の祥月命日 [母の弔い]

5年前の8月2日の夜6時55分。

送っていったお寺の入り口で、バイバイして見送る姿を横目に見たのが。
母との、今生の別れになりました。

車で15分ほどの自宅へ、戻ったのとほぼ同時に、倒れたとの電話があり。
当座の現金と、保険証を持って。
取って返した、お寺の庭先にいた救急車の中の母は。
もう、先刻別れたその人とは違う、変わり果てた姿で。
その心電図の波形は、見るもおぞましく。

そのまま、その日救急当番だった企業病院に運び込まれるも。
8時23分に、死亡宣告がなされて。
私は、それをたった一人で受け止めることになったのですが。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2) 
前の10件 | - 母の弔い ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。